トイレの水漏れで多いウォシュレットの故障

トイレの水漏れで多いウォシュレットの故障 水道業者には水漏れの修理依頼が日々たくさん舞い込んできます。その中でも毎日利用するトイレにおけるトラブルの案件も少なからず見られます。トイレの水漏れの案件の中でも近年増加傾向にあるのが、ウォシュレットにまつわるトラブルです。現在では一般家庭にも広く普及していて、マイホームに設置されている方も多いでしょう。2015年の調査によると世帯普及率は77.5%に達したというデータもあるほどです。普段何気なく使っているものがある日突然トラブルを起こして使えなくなると、本当に不便です。そもそもなぜ水漏れが発生してしまうのか、いくつか考えられる要因があります。

■リモコンが電池切れを起こしている

トラブルの中で、ボタンをいくら押しても水が止まらないという事例は多く見られます。しかしこの問題を検証してみると、実は本体には問題がなくただ単にリモコンの電池が切れていて操作できなくなっているケースは多いです。特にトイレ本体から離れた壁などにリモコンが取り付けられている場合には、電池をチェックしてみることです。まずは電池交換して、問題解決しないか確認することです。一方、ウォシュレットがついている便座本体にリモコンが取り付けられているタイプもあります。この場合、コンセントから電源をとっているため、そもそも電池切れは発生しないため、この原因は排除してかまいません。

■ノズルの問題の可能性
ウォシュレットの水漏れなどの故障の原因として、ノズル内のトラブルも考えられます。内部には弁が設けられていて、こちらで水の出の調整を行っています。この部分が正常に機能しないと、水漏れの発生する危険性が高まります。またノズルは本来使用しないときには引っ込む仕組みになっています。ところが出たままで引っ込まなくなるトラブルもしばしば報告されています。これはノズルの出し入れを行う際に本来機能するはずのスプリングが何らかの故障を起こしている可能性もあります。この場合、手で押し込んだ場合元に戻る可能性はあります。ただし弁におけるトラブルは電気系統のパーツの一部のため、素人が修理するのは難しく危険です。専門の業者に作業をお願いするのが賢明でしょう。

■本体そのものの不具合

本体そのものが何かしらの不具合を起こしていると、水漏れを引き起こす可能性が出てきます。もともと水が出るのは細いホースを伝ってノズルまで運んで、そこで放出されるシステムです。ところがこのホースの途中のどこかで切れている、穴が開いている場合ノズルまで水が達しなくなります。内部で水漏れを引き起こしていて、そのまま放置していると本格的な故障に発展する恐れも出てきます。このようなトラブルについても、やはり電気など専門知識が要求されます。下手に素人が出を出すのは危険で、速やかに業者に問い合わせすることです。ただし応急処置として止水栓を閉めれば、トイレの使用はできなくなるものの、それ以上の水漏れを食い止めることは可能です。

■まとめ
このようにウォシュレットの故障による水漏れの場合、電気系統のいずれかで問題の発生している公算が高いです。このような場合、自分で作業するのは危険です。というのも内部は家電製品のため、電気コードが張り巡らされているからです。濡れた手でこのようなコードを触ってしまうと漏電で危険な状態になりかねません。もしトラブルが発生したのであれば、業者に連絡する一方で漏電やショート防止のため、電源プラグを抜いておきましょう。止水栓を締めれば、水の漏出を防げます。放置していると、床に浸水する恐れもあります。すると床が腐食する、集合住宅の場合下の階の天井にシミを作る危険性も発生します。長年使っている便器であれば、トイレの交換を含め、どうしたらよいか専門家のアドバイスを仰ぎましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース