トイレの便座から起きる水漏れの原因

トイレ 水漏れで業者に作業依頼するケースは決して珍しくありません。原因はいろいろと考えられます。その中でも主要なトイレトラブルの一つにウォシュレットの問題があげられます。なぜこの箇所で水漏れが発生するか、以下で詳しく見ていきます。

■問題が多発する箇所

ウォシュレットの中でも水漏れの発生しやすい箇所は、便座の脇や操作パネルの下側が多いです。なぜ水漏れが発生するのか、多くは接続部分の劣化が原因です。細かなパーツに分かれている個所のため、接続部分がよく見てみるとたくさんあります。パッキンが劣化する、ナットが緩んでしまって、そこから水が漏れだしてしまうわけです。もし便座がいつも濡れているようであれば、漏れている個所を特定することです。

■修理依頼する前に

ウォシュレットがどうやらトラブルの発生個所と推測されるようであれば、電源プラグを抜き、止水栓を閉じることが大事です。家電製品のため、電気が常に流れているからです。電源を入れたままで作業すると、感電や発火の発生する可能性があるためです。また止水栓を閉じておけば、とりあえずこれ以上の水漏れを抑止できます。電源をオフにするだけでなく、プラグごと抜いてしまったほうが安心です。

■まとめ
ウォシュレットは家電製品である、このことは意外と忘れられがちです。電源を抜かずに作業を始めると漏電のリスクがどうしても付きまといます。自分で何とかするのではなく、専門業者に修理をお願いするのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ