トイレのリフォームで水漏れは解消する

トイレの水漏れはいろいろな箇所で発生し、原因もさまざまです。このような問題を解消するためには、トイレの交換も一つの選択肢になりえます。リフォームをして設備を新しくすることで水漏れが本当に解消するかどうか、以下で詳しく見ていきます。

■ほとんどのトラブルは解消できる

トイレの水漏れには、便器やタンクの接続部分の劣化、ウォシュレットの不具合、便器と床に隙間ができていて濡れているなど多種多様なトラブルが候補に挙がります。このような問題のほとんどはトイレの交換など便器をリフォームすることで改善するケースが多いです。便器と床の隙間で発生している水漏れもフランジと呼ばれる部品を交換することで問題解消できます。ただし排水管のつまりによる水漏れの場合、トイレをリフォームしても改善しないケースもあります。

■トイレの床が濡れている場合には早めの対処を

トイレの交換を早急に行ったほうがいいのは、床が濡れている事例です。こちらも原因はいくつかあって、タンクで水漏れが起きて床に水滴が垂れている、便器と床の隙間からしみだしているなどが候補として考えられます。もしこの状態を放置していると床が腐ってしまって、強度が低下する恐れもあります。



■まとめ
トイレの水漏れは、基本そのまま放置しても症状が直ることはありません。原因を突き止めて、それに見合った修理をする必要があります。トイレの交換などリフォームするかどうかは、まずは症状を専門業者に見てもらうことです。専門家のアドバイスを受けて、どうするか判断しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ